ベンガル猫の大きさは?噛む頻度が多い?噛み癖を治す方法を紹介!!

猫なのに美しいヒョウ柄なのが印象的なベンガル猫。

性格は甘えん坊で人にじゃれたり、運動が大好き!まさに‘ヒョウ‘のように走り回ったり、高い所に上ったりと身体能力は高め。飼育の際にはたくさん運動できる環境が必要かもしれません。

今回はそんなベンガルのある‘癖‘について紹介していきます!

ベンガル猫の大きさは?噛む頻度が多い?噛み癖を治す方法を紹介!!

ベンガル猫は猫種の中ではやや大きめと言われ、体格はオス・メスどちらもしっかりとした体格で筋肉質です。

猫は野生本能が強く、おとなしい猫でも興奮しすぎると目をランランとさせて走り回ったり大きな虫がいれば飛びついたりする猫もて、また獲物を狩るという本能が働き嚙みついてくる事もあるかもしれません。

この噛みつき、癖になりいわゆる‘噛み癖‘といわれる行為に悩む飼い主さんも多くいるそうです。

ベンガル猫の大きさと体重は?

ベンガルの大きさは平均60cm、体重はオス5kg~8kg・メス4kg~6kgほど。猫の中では大き目でしっかりとした筋肉質なのが特徴です。個体差はあるもののオスとメスでは体重に少し差がありますね。また、運動不足になると肥満になりやすい体質といわれているので注意が必要です。

シノ
シノ
あのがっちりとした体格で、綺麗なヒョウ柄のベンガルは僕がみても憧れるニャ!

ジロ
ジロ
確かに!身体も大きめだし本物のヒョウみたいですごくかっこいいよニャ!

[quads id=10]

ベンガル猫は噛む頻度が多い?噛み癖を治す方法を紹介!!

噛み癖ですがベンガル猫は、理由は分かりませんが子猫時代に多い傾向にあるようです。子猫時代に噛み癖が酷かったものの成猫になるとすっかり収まることがほとんどと言われています。

ですが成猫になっても続く子がいるのも事実。噛みつくのに何か理由があるとしても飼い主としては困ってしまいますよね。猫の気持ちや噛んだ意味を理解してあげることで、噛み癖を改善することができるかもしれません。

ベンガル猫の噛む癖を治す方法:⓵おもちゃを使って遊ぶ

猫と遊ぶ時に、猫じゃらしやボールなどのおもちゃを使って遊ぶと思いますが素手で遊んでしまう飼い主さんもいますよね。例えば子猫時代に指を加えさせて遊ぶなどです。たまになら問題ないのですが頻繁にやってしまうと「人の指は楽しい遊び道具」と認識してしまいます。

猫は基本的に、動くものに反応するので子猫のうちからおもちゃを使って遊ぶことを徹底しておくことは大切です。

ジロ
ジロ
俺様はネズミ型のおもちゃが大好きだからいつもそれで遊んでもらってるニャ!

[quads id=10]

ベンガル猫の噛む癖を治す方法:⓶その都度叱る

根気と広い心が必要ですが噛みついてきたら「ダメだよ」とその都度叱るのもしつけとしてはアリかと思います。ただこの時に猫を叩いたりしないように注意しましょう。

叱った後すぐに遊びを再開したりスキンシップをとるのではなく、間隔を開けてみてください。これを繰り返すことで「噛むと遊んでくれない」と身をもって覚えてもらいましょう。

シノ
シノ
確かに、遊んでもらえなくなるくらいなら噛むのをやめる努力をするニャ・・

ベンガル猫の噛む癖を治す方法:⓷しつけ用スプレーを使う

メジャーではないですが猫用のしつけスプレーが販売されています。よくトイレのしつけの際に使われるもので、猫の嫌いなにおいがすると言われています。もちろん猫に害のあるものではありません。

噛まれるたびにシュ!っとすることで「噛むとスプレーされる」と覚えさせましょう。②と同様身をもって覚えさせるパターンです。しかし、あくまでも‘噛み癖を治す為のしつけ‘なので噛んだ時のみ1回だけするようにしましょう。

ジロ
ジロ
うっ・・さすがの俺様もあのスプレーだけは苦手だニャ・・・泣

ベンガル猫の噛む癖を治す方法:⓸心ゆくまで遊ぶ

噛みつく理由の一つとして‘遊び足りない‘というのがあります。その欲求を満たしてあげるには満足するまで遊んであげることが1番です。

おもちゃで遊んだり撫でてあげたり、嫌がらなければ膝にのせてブラッシングしたり・・とにかくスキンシップを取ってあげると心が満たされ、噛みつくという行為をしなくなることもあるそうです。

この時に指を遊び道具にしないように注意してくださいね^^

シノ
シノ
うわぁ~!!僕はこの方法が1番いいと思うニャ!スキンシップ最高!

ジロ
ジロ
俺様もたくさん遊んでほしいからこの方法が最高だと思うニャ

ベンガル猫の大きさは?噛む頻度が多い?噛み癖を治す方法を紹介!!:まとめ

猫種の中でも大き目なベンガル猫。カッコイイ見た目とは逆に性格は甘えん坊な可愛い猫なんですね。噛み癖も甘嚙み程度なら問題ないので愛情表現として受け止めてあげましょう。

ここで紹介した方法は日常的に噛みついてくる猫への対策ですが、叩いたり驚かせたり猫が怖がる行為は逆に癖を悪化させてしまう可能性があるので絶対にやめましょう。

また、生後半年以内が生活ルール覚えさせるのに適してるともいわれているのでその期間内にしっかりとしつけをしてあげられるといいですね^^